猫の肥満を考える⑤ 肥満による手術のリスク

肥満は麻酔だけではなく、手術自体のリスクも増加させてしまいます。肥満と手術の意外なリスク、その関係もしっかり知っておきましょう。 スポンサーリンク 肥満による手術のリスク① 術野の確保が難しい 主に開腹して行う腹腔内の手術の際に問題になるのが、術野の確保の問題です。肥満動物では、内臓脂肪が大量についているため、内臓脂肪に臓器や血管が隠れてしまい、切開や結紮をした…

続きを読む

猫の肥満を考える④ 肥満による麻酔のリスク

ご紹介してきたように、肥満は糖尿病や肝リピドーシスといった病気のリスクを高めるだけでなく、病気になった時の麻酔や手術のリスクを高めてしまいます。今回は、なぜ肥満が麻酔の危険性を高めるのか、皆さんに納得してもらえるよう解説します。この記事を見てもらえば、いざ麻酔が必要というときのためにダイエットが必要だと気付いてもらえると思いますよ。 スポンサーリンク 麻酔リスク①…

続きを読む

猫の肥満を考える③ 放置すると致死率90%以上の怖い病気「肝リピドーシス」って何で肥満猫に起こる?

肝リピドーシスは肥満猫の代表的な病気であり、死亡率が非常に高い怖い病気です。「肥満猫がご飯を食べなくなると肝リピドーシスになる」と言われていますが、なぜご飯を食べないと肝臓に脂肪がたまるのかよくわからない人も多いと思います。そんな肝リピドーシスについて知っておきましょう。 スポンサーリンク 肝リピドーシスとは 肝リピドーシスは、肝臓に脂肪がたまってしまう病気…

続きを読む

猫の肥満を考える② 肥満による病気のリスク~肥満で糖尿病リスクが8倍!?~

猫の肥満はさまざまな病気のリスクを高めます。今回はその中で最も代表的な病気「糖尿病」についてお話ししましょう。糖尿病は一度発症してしまうと、一生付き合っていかなければならず、ほとんどの例では死ぬまで毎日2回の注射が必要になります。しっかりリスクを知って、肥満にならないようにしておきましょう。 糖尿病とは 糖尿病は、血糖値を下げるためのホルモンである「インスリン」が不足することによ…

続きを読む

猫の肥満の科学① 米国の猫の59%が肥満!2017年2月発表の衝撃データ

今回からはしばらくの間、猫の肥満に焦点を当ててお話をしていきたいと思います。2017年2月20日に発表された米国ペット肥満予防学会による調査では、なんと59%の猫が肥満だということがわかりました。肥満は猫の寿命やQOL(生活の質)をとても低下させてしまう大問題です。猫の肥満の科学第1回は、肥満に関する衝撃のデータについて見ていきましょう。 スポンサーリンク 猫の肥満の…

続きを読む