2016年 AIM BCS お気に入りの場所 しっぽ たんぱく ふるさと納税 インターフェロン インフルエンザ ウェット エンリッチメント オーストラリア キャットタワー キャットフード ギネス クリスマス ゴロゴロ ストレス ストレス対策 ダイエット ドライ ニュース ネコ パーソナルスペース ヒト ヒトを猫だと持っている フードパズル ブラッシング ボディランゲージ ラプロス リスク ワクチン 腎不全 不適切な排泄 人の健康 人獣共通 伝染 伸び 低い 体の準備 保護 信頼 健康 再生医療 動物園 動物病院 動物福祉 単発 危険 原材料 原産国 口内炎 問題行動対策 喉のゴロゴロ音 回数 報告 外国 多頭飼い 子猫 安全 尿路結石 尿量 幸せ 怒り 情報 感染症 慢性心不全 慢性腎不全 手作り 手術のリスク 抜歯 新薬 日本 日齢 最新 最新治療 月齢 東大 棚の有効活用 毛球 気分 治療薬 注意 海外 猫  猫 発作 神経症状 チアミン イカ 猫の幸福 猫トイレ 猫ドア 猫バカ 環境エンリッチメント 病気のリスク 発生 睡眠 知育玩具 研究 秘訣 米国の猫の59%が肥満 米国ペット肥満予防学会 糖尿病 紹介 ブログ紹介 初回 記事 英語 猫 ネコ 科学 縦のスペース 肝リピドーシス 肥大型心筋症 肥満 肥満対策 腎不全 膀胱炎 膀胱結石 訂正 論文 野良猫 長寿 長毛 韓国 食餌 飲水量 骨折治癒 高齢 鳥インフルエンザ 麻酔のリスク

猫はなぜたくさん伸びをするのか?

2017/01/21 17:49
猫の飼い主さんなら、猫がたくさん「伸び」をするのを見ているでしょう。「なんであんなに伸びをするの?」と思ったことはないでしょうか?今回は、そんな猫の伸びに関する記事を見つけたのでご紹介します。 ペットラインの猫ちゃん情報サイト、にゃねっとクラブ会員でプレゼント! LIVE SCIENCEというサイトの「Why Do Cats Stretch So Much?」という記事によると、猫がたくさん伸びをする理由は3つあるということです。 伸びをする理由 1...

続きを読む

猫の口内炎の治療最新報告~インターフェロン、幹細胞療法、臼歯全抜歯の治療データ

2017/01/18 20:17
猫の口内炎は長年、猫、飼い主、獣医師を悩ませている病気で、いまだに難治性になることも多い病気です。いくつかの治療法が提唱され、徐々にその全容や治療法もわかってきましたが、まだまだ治せないケースも多く、治療法に課題が残ります。今回比較的まとまった猫の口内炎の治療に関する報告があるのでご紹介しましょう。 ペットラインの猫ちゃん情報サイト、にゃねっとクラブ会員でプレゼント! 1.インターフェロンの効果 インターフェロンは免疫力を上げるだけでなく、免疫の調整を行うこ..

続きを読む

猫はヒトのことを大きな猫だと思っている!犬と猫のヒトの認識の違い

2017/01/15 22:08
今回の記事はナショナルジオグラフィック英語版からご紹介しましょう。ナショナルジオグラフィックは、おそらくネイチャーと並んで世界でもっとも有名な科学雑誌ではないかと思います。テーマは「猫はヒトを大きな猫だと思っている」です。犬と猫ではヒトの認識が違うようですよ。 出典:http://news.nationalgeographic.com/news/2014/01/140127-cats-pets-animals-nation-dogs-people-science/ ペ..

続きを読む

深刻なオーストラリアの「野生猫」問題~200万頭殺処分の理由

2017/01/12 23:08
今オーストラリアでは野良猫による問題が発生しているようです。オーストラリアと南極大陸は他の大陸と違い、18世紀末まで猫が存在しない大陸だったのです。そのオーストラリア今、野良猫問題に直面しています。少し日本とは状況は違いますが、人間の責任という点では共通点があります。今回は、オーストラリアの野良猫問題をご紹介します。 オーストラリアで問題になる野生ネコ「ファーラルキャット」 まず、英語で「野良猫」は「Stray Cat(ストレイキャット)」だと聞いたことがあると思..

続きを読む

しっぽと耳で猫の気分を理解しよう!猫のボディランゲージは面白い

2017/01/11 19:37
今回は、少しソフトな話題を提供しましょう。 猫を飼っていると実に様々なボディランゲージを持っているのに気づかれると思います。そんなボディランゲージを紹介してくれる本がありましたので、少しだけ紹介しますね。 Cat Speak: Revealing Answers to the Strangest Cat Behaviors [ Maureen Webster ]価格:4354円(税込、送料無料) (2017/1/11時点) この本にはさまざまな猫のボ..

続きを読む

猫と水~飲水量を増やした方がいい病気と増やすための食餌戦略

2017/01/08 18:41
猫を飼っている人ならご存知の通り、猫が飲む水の量は非常に少ないです。もともとネコは中東の砂漠地帯出身の動物で、その砂漠の少ない水でも生きて行けるように水分を蓄える機能が体に備わっているため、水分が少なくても大丈夫なのであると言われています。尿をする回数が少なく、便が固いのもおそらくその影響です。 しかし、飲水量や尿量が少ないことでリスクの上がる病気もあり、水分量が取れる環境であれば多めに取ったほうが病気の予防になります。今回は、飲水量を増やすべき病気、飲水量とフードの種..

続きを読む

もっと見る